薬剤師で大切な

キャリアプランとは

一般的なプラン

一般的なキャリアプランを考えていくと、大学で薬学を学び、薬剤師の資格を取得して、就職するという新卒の流れになってくるでしょう。病院薬局に勤務して経験を積み、調剤薬局などに勤めるのか、製薬会社などで多くの給与をもらえるようにしていくというのも流れになってきます。

新卒で大手に勤務できれば、教育も受けることができますし、経験も積めることは間違いありません。薬剤師として王道とも言われますが、確かなキャリア形成になるでしょう。

転職のタイミングとしては、多くのことを学びたいと環境を変えたいと思ったときです。やりがいも条件のひとつですが、これをステップアップとして捉えると、年収のアップが関係していくことになります。もうひとつの方向性として、現実的な目標を設定し、転職するというのもあるでしょう。不満だけで転職するわけではなく、ポジティブな転職にしていくのが重要になってくるのは、十分に慣れた環境から離れることになるからです。

チャレンジすることが人生の中で何でもプラスになるわけではありません。キャリアプランはいつでも外に転職することではなく、安定した生活を築くということでもあるからです。ここは勘違いしてはいけないでしょう。